Img528.jpg

菊永淳一
学校: 立花商業高校
性別: 男性
俳優: 石井博泰
高橋秀治
家根本渉
声優: 千葉繁
  

人物

立花のナンバー1。単行本4巻の高校与太郎狂想曲ではヒロシ菊永が初めて顔を合わすシーンがあるが、ヒロシは私服の菊永をヤクザと勘違いしてしまい「事務所に連れて行くのだけは勘弁してくださいよ、オジさん」と言われる程の老け顔。特徴としてメガネをかけ、チョビヒゲ(これがオジさん扱いされる所以か?)を生やしている。ケンカは強いのに、いつのまにかお笑いキャラになっていった。いい見本が鬼島を知らずにケンカを売り、ヒロシに「お前、この人少年課の鬼島だぞ」と言われて、我に帰って鬼島のプロフィールを本人の前で詳しく喋った上で、公務執行妨害で補導されている。意外な事に下戸で甘党。酔った勢いでミノルの姉と一夜の過ちを犯してしまい、そのまま惚れられてしまい強く拒絶できず、永く沖縄に逃亡したことが原因で留年が決ってしまう。ジュンルミ子をめぐって壮絶な争奪戦を繰り広げた。競艇が好きで、卑怯なケンカが得意。話の後半になると甘党ゆえにパティシエを目指している事が判明。何度かの抗争を経て、ヒロシトオルとは徐々に仲良くなって行った。映画版の菊永はある意味オリジナルを超えるインパクトを持っていた。通称「菊リン」。順子に振られた後の触れ込みは「未練番長」。卑怯である事を差し引いてもかなりの実力者ではあるが、隙を突かれて縛られたり、剃り入れに失敗して坊主なったりとお笑いキャラとしての性格が色濃い。

ギャラリー

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。