Advertisement
Be-Bop-High-School v01c01p000a.png

漫画

ツッパリダブリコンビのヒロシとトオルがケンカに明け暮れる様を描く。主人公が突出して強い存在ではない点や、不良高校生の日常が伝わってくる初期の描写が人気を博した。20巻位までは登場人物達の恋愛話や他校との抗争などがメインだったが、20巻台以降は小咄的なギャグ短編が多くなった。きうちによれば、ケンカの話を進めていくと最終的には日本一、ひいては世界一・宇宙一強い不良との対決を描かざるを得ない事になり、そうした展開にはしたくなかったからと話している。

本作は当初「少年ジェッツ」にて連載をする方向で進められていたが、編集からのタイトル変更、及びパンチラなどの要求をきうちが拒否、結果「少年ジェッツ」からは原稿を引き上げ、講談社のちばてつや賞に投稿されたという経緯がある。

1988年度(昭和63年)、第12回講談社漫画賞一般部門受賞。

1985年には仲村トオル清水宏次朗主演で実写映画化された。以後シリーズ化され、全6作が上映されている。その後、1994年に原作者のきうちかずひろ自ら監督した新実写映画化を皮切りにオリジナルビデオ・OVAも発売され、また2004年2005年にはTBS系列でスペシャルドラマとして放映された。

なお、1990年にはアニメーションOVAとしても発売されている。2004年パチンコ機・2006年にはパチスロ機も発売された。

作品としての最終回は存在せず、無期限休載(再開時期未定の休載)という形で連載終了となった。

余談として、仲村トオル・清水宏次朗主演作品については、静岡県静岡市清水市(現在の静岡市清水区)での撮影が多かった。撮影に関してはJR東海清水駅、静岡鉄道車両内や沿線での撮影を中心に行われた。多数の本物の不良がエキストラとして参加しており、アクションシーンも過激で、出演者の小沢仁志曰く顔面以外は実際に当てて撮影し、中には骨折する者もいたり、カットがかかっても止まらず喧嘩していたという。更に休憩時間が終わっても戻ってこない者がいてスタッフが待っていたところ、警察に逮捕されていたという珍事も発生した。

別冊ヤングマガジン」にて、本作のキャラクターを使ってそのまま極道漫画やビジネス漫画、さらには成人劇画などのドラマを色々とやった、『ビー・バップ海賊版』なる作品が連載されていた。作者は謎の漫画家「まんひるめめおか」となっている。その正体はきうち本人ではないかとも囁かれたこともある。なお、一度きりだが、本家と海賊版が共演した作品が掲載された事がある。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。